FC2ブログ

戦乱の邪馬台国~失われた航跡

魏使がカラフト経由で邪馬台国にやってきた新説「戦乱の邪馬台国」を公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一-6 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

 さて、魏使の出発にあたって、ここではまず彼らの旅行速度を確認しておきたい。そうしなければ、一行が邪馬台国に到達するのに、いったいどれほどの日数がかかったのかが、把握できないからである。彼らの行程は、海上航走と陸上歩行の二つに大きくわけることができるが、その速度がどれほどのものだったのか、また一日にどの程度の距離を進むことができたのか、そこのところを確認しておきたい。しかしながら、じつはこれにもまたさまざまな説があって、なかなか統一した論というのは存在しない。したがって、ここでは過去のいろいろな記録や記述を参考にして推測するしかない。
 まず海上の航走速度についてだが、紀元前五世紀のギリシャの史家ヘロドトスによると、フェニキア人によって紀元前六一三年から二年にわたって行われたアフリカを回航する大航海では、
「千日でアフリカ一周を航走した。その距離、およそ二万三千キロ」
 とされている。これを単純計算すると、一日あたりの航走距離は二十三キロということになる。もちろんこれは、停泊日数や荒天などによる待機期間も含めてのことだから、正確な数値はわからないものの、まる一日の航走距離はもっと長かった。
 日本では、『土佐日記』に、紀貫之が高知から難波まで船で移動したときの航海日数が記されている。それによると、全行程で三十九日かかって、そのうちまともに航走したのがわずか十二日しかなかった。他は、荒天のための待機時間や停泊などだが、それにしても実質的な航走の日数がいかに少ないかということに驚かされる。この間の距離二百八十五キロを航走日数の十二で割ると、一日平均約二十三キロという数値が出てくる。これは、偶然にも右のフェニキア人の航海速度と一致するが、フェニキア人の航海の場合は、停泊日数や荒天などによる待機日数も分母にしているから、実際には『土佐日記』の船の方がかなり遅いことになる。試しにフェニキア人の場合と同じ、つまり全所要日数を分母にして計算すると、なんと一日にわずか七・三キロしか進まなかったことになる。それにしても、全日数の七十パーセントを停泊にあてていたわけだから、よほど天候などの悪条件が重なったのだろう。
 また、茂在寅男の『古代日本の航海術』には、櫓だけを用いて航走した場合、一日に進む距離は二十から二十三キロ程度ではないかと記されている。これは、古代の船がまだ風帆を利用するものではなかったから、人力による櫓だけを動力として試算した。しかも、夜間航走はなかったと想定しているから、昼間航走だけの距離である。
 魏使一行のスピードを考えるうえではあまり参考にならないが、ここに正式な記録として残されている数字がある。
「壱岐から福岡まで船で往復三日、対馬から福岡まで船で往復四日」
 という数字である。これは、現代のフェリーなどの所要日数ではなく、平安時代の記録で、『延喜式』という書に記載されている。
 九六七年(康保四)に施行された『延喜式』は、平安時代の法律である律令の施行細則をまとめたもので、九〇五年(延喜五)に天皇の勅令によって編修が始められた。そこには禁中の年中行事や制度などが詳細に記されていて、日本全国に散在する神社名まで記載されている。その中の、『延喜式 巻二十四 主計上』に、日本全国から租庸調、つまりさまざまな種類の税を納めるために都にやってくる人たちの所要日数が記録されている。
 たとえば、出羽国から陸路で京都に来るのに必要な日数は四十七日で、帰路は二十四日。また、加賀国の場合は往路が十二日、帰路が六日である。往路は「税」である物資を満載した荷車などを牽きながらの行程だから日数が多く、帰路は「カラ荷」だから、所要日数は往路の半分になっている。これは出羽国や加賀国だけでなく、すべての国の往路と復路の比率がそのようになっているから、荷物を運ぶ往路というのが、よほど労力を必要としたものだったことがわかる。これは、魏使一行の「陸行」の場合にも同じことがいえるだろう。いや、魏使の場合は、『延喜式』の時代より七百年ほど昔で、道路整備がほとんど出来ていない状況だろうから、往路はもっと時間がかかったことだろう。
 本州と四国の国々は、すべて京都の朝廷に直接「租庸調」を運び込むが、九州の諸国だけは、朝廷の代官ともいうべき大宰府に運ぶことになっていた。そこから大宰府が、九州諸国のものをまとめて、京都に送る。その九州諸国の中に対馬と壱岐があって、それぞれの国から大宰府までの往復の所要日数が、「海路四日」「海路三日」と記されているのである。
 対馬から大宰府の最寄港である博多までは直線距離で百二十キロ。この距離を片道二日で航走したということは、一日あたりの航走距離は六十キロになる。これは、動力をもたない船としては、かなりのスピードといえる。また、壱岐から博多までの距離は六十キロで、片道を一日半で航走したから、一日あたりの航走距離は四十キロということになる。このスピードの差がどこからきたものかはわからない。対馬国の方が壱岐国より一・五倍のスピードの船を持っていたということだろうか。いや、そのようなことはありえない。造船技術というのは、同じ日本の国内ならすぐに伝播するから、対馬や壱岐といった小さな国の単位でその技術レベルが大きく異なることはありえない。にもかかわらず「一・五倍」の差が出るというのは、どういうことだろうか。朝廷の官吏が各国の使者に、
「今回は何日で大宰府まで来れたか? また、前回帰国したときには、何日かかったか?」
 という情報提供を求めたとき、たまたまこのときに限って、壱岐から博多までの航海が、強風や悪天候のために必要以上の時間がかかったのかもしれない。事実のほどはわからないが、はっきりといえることは、『魏志倭人伝』の時代から七世紀ものちになると、造船技術も目覚しい進歩を遂げ、風帆も活用されて、船足は飛躍的にスピードアップしていたということである。
 ともあれ、右に挙げたいろいろな記述を参考にして考えると、船の構造や航海技術の違いはあるだろうが、『魏志倭人伝』の時代の一日の航走距離は、茂在寅男の説にあるように、風帆を用いず、「二十キロ」といったところだろう。ただし、これは昼間航走だけの距離だから、夜間も航海を続けたとすると、「全日航走で四十キロ」という数字が出てくる。したがって本書では、これら二つの数値を用いることにしたい。
 このことに関連して、対馬海峡渡海に際しての矛盾点を一つ提起しておきたい。
 邪馬台国関係のいろいろな本を読むと、『魏志倭人伝』の時代の航海は、まず昼間航走だけで、夜間航走は行われなかったとされている。しかし、茂在寅男の説にあるように、もし一日の昼間航走距離が二十キロそこそこだとすると、朝鮮半島南岸から対馬まで、対馬から壱岐まで、壱岐から北九州までのそれぞれの距離は五十キロを越えているから、途中の海上で一夜を過ごさなければならない。そうなれば、船は対馬海流に流されてどんどん東に運ばれ、九州には到達しないことになる。ということは、やはり夜間航走を行ったということである。さもなければ、物理的に渡海は不可能である。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/08/11(木) 19:06:19|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一-5 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

 次に高句麗。
 のちに新羅、百済とともに朝鮮半島の三国時代を築くことになるこの国は、その中でも、最盛時には満州の南部まで版図に入れるという、最大の領土を誇った大国である。建国は紀元前三七年ごろで、紀元六六八年まで続いた。もとは中国の東北地方から朝鮮半島の北部に分布していた夫余民族が建てた国家とされる。
 魏が公孫淵を滅ぼして帯方郡や楽浪郡を直接の支配下に組み入れたとき、次に対することになったのは高句麗だった。魏は高句麗王に臣従を強いたが、王はそれに応じず、ことごとく抵抗したから、帯方郡陥落の六年後の二四四年(正始五)、高句麗を攻めて首都である国内城を陥落させた。このとき、高句麗の東川王は死地を脱して逃れている。翌年、魏軍は再び高句麗に攻め込み、このたびは南下してウオンサンのある沃沮と穢も降伏させた。魏が、これまで直接敵対関係になったことのないこれら二国を攻めたのは、魏との戦闘にあたって、高句麗王が二国に対し、ともに戦うよう督励していたからだろう。しかし、このときの彼らがどれほど本気で戦闘しようとしていたのかは疑問である。おそらく、カタチだけの共闘姿勢をとっていたのだろう。
 このようにして魏と高句麗の戦闘は終わったが、こののち、東川王が帰還して高句麗を建て直すことをおもえば、二度にわたる魏の攻撃は失敗に終わったといえる。しかし、少なくとも魏が高句麗を壊滅状態に陥れた二四四年(正始五)と二四五年(正始六)の二年間は、高句麗の領土は、朝鮮半島東岸も含めて、瞬間的に魏に奪われていたことになる。
 そろそろ結論を出さなければならない。
 『魏志倭人伝』を見るかぎり、魏使は二度、倭に行っている。その一回目は西暦二四〇年(正始元)で、これは帯方郡が魏の直轄下に入った二年後だった。つまり、魏が高句麗に対して臣従を求めているときであり、それを受け入れない高句麗との間の緊張状態が高まっていた時期である。それに対して、五年後の二四五年(正始六)に派遣された二回目の使節は、瞬間的に高句麗の領土が魏のものになった時期にあたる。このどちらかの使節が、帯方郡から倭に至る旅行の記事を書き残したのだが、第二回目の場合なら、すでに高句麗の勢力は駆逐されていたから、帯方郡からウォンサンまでは難なく行くことができた。
 しかし、もしそれが第一回目だとしても、魏の使節は、何事もなくウオンサンまで行くことができたと思われる。なぜなら、沃沮や穢は高句麗系の民族だったとはいえ、二百キロ以上も離れた高句麗の首都からの支配力は弱く、魏と積極的に敵対することはなかっただろうからである。なんといっても魏は超大国である。その皇帝の使者が強力な軍隊に守られて通過するのに対して、危害を加えることなど、考えも及ばなかったに違いない。もし何らかの危害を加えたとすれば、それに対する魏の報復は苛烈を極めるだろうし、二百キロの彼方から、高句麗王が魏と対抗できるほど強力な援軍を差し向けるとも思えない。もしそれをやれば、高句麗本国の守りが手薄になって、たちまち魏の別働軍に侵攻されるからである。だから沃沮や穢は、表面上はさておき、魏との良好な関係を保持していた。したがって、たとえウオンサンが沃沮や穢の土地であったとしても、魏使一行は何の障害もなく通過できたし、ウオンサンで十分な出航準備をすることもできただろう。
  1. 2011/07/14(木) 18:09:29|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一-4 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

 まず帯方郡である。
 後漢の末のころ、西暦でいえば一八九年(中平六)のことになるが、公孫度という人物が中国東北部の遼東の太守に任命された。彼は、その地に後漢の勢力があまり浸透していないのをいいことに、朝鮮半島に進出し、現在のピョンヤン付近にあった中央の出先機関である楽浪郡を手中に収めた。そのあと、公孫度はさらに勢力を伸張し、肥大化した楽浪郡の南部を分離独立させて帯方郡を造った。やがて後漢の世が終わって三国時代に入ると、息子の公孫康は表面上は魏の曹操に恭順して領地を保ったものの、強烈な自立意欲をもったその子公孫淵は、あろうことか魏の敵国である呉と同盟して自立し、燕という国号を称した。
 腹背に敵をもつかたちになった魏は、公然と反旗を翻した公孫淵を討つため、将軍司馬懿に四万の兵を授けて討伐軍を発した。かつて強敵諸葛亮の率いる蜀軍の侵攻を何度も食い止めた司馬懿にとって、公孫淵を討つことなど、物の数ではない。難なく公孫淵とその一族を滅ぼし、帯方郡と楽浪郡を完全に魏の直轄下に組み入れた。これが二三八年(景初二)のことだから、まさに卑弥呼が魏に使節を派遣した年のことである。
 第一部第二章で述べたように、じつはこのことをもって、『魏志倭人伝』の記載が間違っていると指摘する声が大勢を占めている。司馬懿が公孫淵を破り、その一党を斬首に処したのはこの年の八月で、卑弥呼の使節が帯方郡に到着したのは、その二ヶ月前の六月だから、そのような、まだ帯方郡の帰趨の定まらない不安定な時期に使節を出すはずがない。したがって『魏志倭人伝』の「景初二年」の記述は、翌年の「景初三年」の誤りだとするのである。たしかに一理ある。しかし私は、そのような混乱した時期だからこそ、卑弥呼は使節を発したのだと考えている。
 司馬懿は景初二年の初めに帯方郡に攻め込み、公孫淵の篭る城を兵糧攻めにした。その攻城戦は「長期にわたった」とされているから、この地に侵攻したすぐに、ほとんどまともな合戦もしないまま城下に攻め寄せ、城を囲んだのだろう。それから八月までの間、兵糧攻めに徹した。とすると、「魏が公孫淵を攻めている」という情報はこの年の春以前には卑弥呼の耳に入っていたはずだし、その前年の景初元年には「魏が帯方郡を攻撃する」という情報が届いていたはずである。もし両者が戦えば、圧倒的武力を誇る魏が勝利することは間違いのないことだから、その時点で卑弥呼は使節の派遣を決断した。それまでは魏と倭の間に帯方郡が立ちはだかっていたから、直接魏の皇帝に使節を派遣することはできなかったが、帯方郡が魏の手に落ちれば、もはや帯方郡そのものが魏なのだから、一刻も早く使節を発して同盟を結びたかった。さもなければ、いつ出雲・九州勢力圏が邪馬台国に攻めてくるかわからないからである。卑弥呼は事を急いだ。もし帯方郡が陥落する前に使節が到着したとしても、そこには司馬懿の率いる攻城軍がいるし、すでに公孫淵滅亡後の帯方郡を掌握するための官吏たちが入って実質上は機能しているだろうから、彼らに朝貢の意思を伝えればいい。それだけで十分に誠意は伝わるのである。そのように考えた卑弥呼は、『魏志倭人伝』の記述通り、景初二年に到着するよう、魏に向けて使節を発した。そして使節は、当地に太守として任官してきたばかりの劉夏に会った。私は、そのように考えている。
 ちなみに、「魏が公孫淵を攻めている」という情報や、「魏が帯方郡を攻撃する」という情報が卑弥呼のもとに届いていたと書いたが、卑弥呼としては、邪馬台国の命運を左右するかもしれない大陸の勢力関係について、その動向を大いに気にしていたから、身元を隠した幾人かの情報収集担当官を朝鮮半島に置いていたはずである。彼らが、朝鮮半島の諸国や魏の動きを卑弥呼に逐一報告していた。そして、「魏の帯方郡攻撃」という一大事は、彼らによって即刻卑弥呼に伝えられた。一刻を争う情報だから、その使者は、第一部で述べたように、北方迂回ルートではなく、複数の船を仕立てて対馬海峡を渡り、但馬に上陸したのである。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/06/10(金) 10:42:26|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一-3 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

 繰り返すようだが、第一部第四章において、すでに帯方郡の場所を、現在の北朝鮮の首都ピョンヤンの南五十キロに設定するとした。したがって、北方迂回ルートの出発地点は、この場所になる。
 帯方郡を出発した魏使一行は、朝鮮半島の西海岸を南下するのではなく、そのまったく逆の方向、つまり半島を横断して東海岸に出る。先に述べたように、『魏志倭人伝』の記事には、帯方郡からどの方角に向かって出発したのかが記載されていない。方角に関連することといえば、狗邪韓国までの途上で、「韓国を経て」「あるいは南し、あるいは東し」という言葉だけが記されている。だから、ここで魏使一行が東に向かったとしても、『魏志倭人伝』の記述に反することはない。
 帯方郡と朝鮮半島の東海岸の間は山岳地帯に占められている。現在の地図を見ながら東海岸の「港」を探してみると、帯方郡から直線距離で東百五十キロほどの日本海岸に、ウオンサン(元山)がある。港湾というのは、自然の地形をうまく活用して造られているから、近世になって新たに海を埋め立てて建設されたところはべつとして、古代に稼動していた港というのは、詳細な位置を問題にしなければ、まずは現在でも使われていると考えていいだろう。おそらくウオンサンも古代にはそのような港だっただろうし、魏使一行は、このウオンサンから船出したものと思われる。
 しかし、ここで一つの疑問が提出されるかもしれない。帯方郡からの方角はいいとしても、このルートでは『魏志倭人伝』の記述にある「韓国」を経ていないではないかという疑問である。だが、これについても、さほどの問題はない。なぜなら、じつはこのウオンサンそのものが、広義に解釈すれば「韓国」に位置しているからである。
 当時のウオンサンを含む東海岸の一帯は、高句麗系の民族である沃沮(よくそ)や穢(わい)の地だった。そもそも韓国というのは、朝鮮半島の南部に展開していた馬韓、弁韓、辰韓のいわゆる「三韓」を指すが、私は、中国からみれば、朝鮮半島全体が「韓」と認識されていたのではないかと考えている。そしてその西側の付け根に、魏の出先である帯方郡が進出していた。だから、半島の東側にあった沃沮や穢は、高句麗系の民族ではあるものの、中国から見れば「韓」の一員と見なされていた。後年、この地に進出した高句麗が、新羅や百済とともに「三韓」と呼ばれた事実は、すでに『魏志倭人伝』の時代から、ウオンサンのある地域一帯が「韓国」と認識されていた傍証になるだろう。だから、魏使がウオンサンから出航したということは、とりもなおさず「韓国を経た」ことになるのである。
 しかし、そうだとすれば、ここにいま一つの疑問が生じる。それは、魏使一行は、敵対関係にあった高句麗系の沃沮や穢の土地を何ごともなく通過することができたのだろうかという疑問である。さらに、ウオンサンという港を難なく使用することができたのだろうか。
 そのことを考えるために、まずは帯方郡と高句麗の関係がどのようになっていたのかについて述べてみたい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/06/01(水) 17:44:51|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一-2 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

 まず、
「倭人は帯方の東南の大海の中にあり」
 と記された「東南」という方角について、地図上で確認してみよう。すでに帯方郡はピョンヤンの南五十キロの地点にあったと推定しているから、そこからの方角を見てみると、奈良盆地の場合は「東南」から少しばかり「東南東」に近く、九州の場合は「東南」から「南南東」に近い。いずれの場合も、大きくくくってしまえば「東南」の方角になるから、右の記述は正しい。このような厳然とした正答があるにもかかわらず、「『魏志倭人伝』の方角が誤り」とする研究者がいるのは、笑止のかぎりである。
 右の「山島に依りて国邑をなす。旧百余国。漢の時朝見する者あり、今、使訳通ずる所三十国」
 という記事によると、かつて倭には百あまりの国があって、そのうちのどこかの国が漢の時代に朝貢したという。その後、先述のように、たがいに攻伐を繰り返して、邪馬台国の時代には三十国にまで減少している。
 この記述の中で、狗邪韓国は「倭の北岸」だから邪馬台国には属していない。それ以降の、邪馬台国までの行程上にある国が七カ国、それ以外の遠隔の地にある国が二十一だから、これに邪馬台国を加えると、合計で二十九になる。さらに狗奴国を加えるとちょうど三十になるのだが、どうだろう。ここでいう「三十国」とは、「使訳通ずる所」、つまり魏の使者が通じる国という断りがあるから、邪馬台国連合を構成する国家数を意味していて、それ以外の、邪馬台国と敵対する狗奴国は含まれていないという解釈もできる。そのあたりのことはよくわからないが、いずれにしても当時の日本には少なくとも狗奴国を含む三十の国が存在していて、私の仮説にあるように、狗奴国の他に九州にも複数の国があったとすれば、その総数は三十プラスαということになる。
 帯方郡から狗邪韓国までの距離は七千余里、つまり二千八百キロ余である。邪馬台国までの全行程が一万二千余里、四千八百キロ余だから、この第一の行程だけで五十八パーセントを費やす計算になる。これまでの諸説では、帯方郡や狗邪韓国の比定地に微細な違いはあるものの、まずは朝鮮半島の西海岸沿いに南下し、南端に至ったところで東に方向を変えて狗邪韓国に行き着くという経路そのものは、ほぼ全説一致で認めている。しかし、私の北方迂回ルートは、すでにこの時点から異なるルートを採ることになる。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/27(金) 10:49:00|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

亥辰舎いしんしゃ

Author:亥辰舎いしんしゃ
戦乱の邪馬台国~失われた航跡

著者:野村篤
カバーイラスト:皇なつき
発行:亥辰舎
定価:1,500円

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。