FC2ブログ

戦乱の邪馬台国~失われた航跡

魏使がカラフト経由で邪馬台国にやってきた新説「戦乱の邪馬台国」を公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一-1 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで

その第一行程として、まずは帯方郡から、倭の北岸とされる狗邪韓国まで行ってみるが、その前に、『魏志倭人伝』の中から、旅程に関する記事を全文挙げておく。

●倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依りて国邑をなす。旧(もと)百余国。漢の時朝見する者あり、今、使訳通ずる所三十国。郡より倭に至るには、海岸に循(したが)って水行し、韓国を歴へて、乍(あるい)は南し乍は東し、その北岸狗邪韓国に到
る七千余里。

●始めて一海を度(わた)る千余里、対馬国に至る。その大官を卑狗といい、副を卑奴母離という。居る所絶島、方四百余里ばかり。土地は山険しく、深林多く、道路は禽鹿の径の如し。千余戸あり。良田なく、海物を食して自活し、船に乗りて南北に市糴す。

●また南一海を渡る千余里、名づけて瀚海という。一大国に至る。官をまた卑狗といい、副を卑奴母離という。方三百里ばかり。竹木・叢林多く、三千ばかりの家あり。やや田地あり、田を耕せどもなお食するに足らず、また南北に市糴す。

●また一海を渡る千余里、末盧国に至る。四千余戸あり。山海に浜(そ)うて居る。草木茂盛し、行くに前人を見ず。好んで魚鰒を捕え、水深浅となく、皆沈没してこれを取る。

●東南陸行五百里にして、伊都国に到る。官を爾(に)支きといい、副を泄謨觚(せもこ)・柄渠觚(へいここ)という。千余戸あり。世々王あるも、皆女王国に統属す。郡使の往来常に駐(とど)まる所なり。

●東南奴国に至る百里。官を兕馬觚(しまこ)といい、副を卑奴母離という。二万余戸あり。

●東行不弥国に至る百里。官を多模といい、副を卑奴母離という。千余家あり。

●南、投馬国に至る水行二十日。官を弥弥(みみ)といい、副を弥弥那利(みみなり)という。五万余戸ばかり。

●南、邪馬壱国に至る、女王の都する所、水行十日陸行一月。官に伊支馬(いきま)あり。次を弥馬升(みましょう)といい、次を弥馬獲支(みまかき)といい、次を奴佳鞮(ぬかて)という。七万余戸ばかり。女王国より以北、その戸数・道里は得て略載すべきも、その余の旁国は遠絶にして得て詳(つまびら)かにすべからず。

●次に斯馬国あり、次に己百支国あり、次に伊邪国あり、次に都(郡)支国あり、次に弥奴国あり、次に好古都国あり、次に不呼国あり、次に姐奴国あり、次に対蘇国あり、次に蘇奴国あり、次に呼邑国あり、次に華奴蘇奴国あり、次に鬼国あり、次に為吾国あり、次に鬼奴国あり、次に邪馬国あり、次に躬臣国あり、次に巴利国あり、次に支惟国あり、次に烏奴国あり、次に奴国あり。これ女王の境界の尽く所なり。

●その南に狗奴国あり、男子を王となす。その官に狗古智卑狗(くこちひく)あり。女王に属せず。郡より女王国に至る万二千里。
(石原道博訳『魏志倭人伝』岩波文庫)


右の記述のうち、本章では第一段落の行程について話を進めたい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/23(月) 17:39:31|
  2. 本文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<第二部  邪馬台国への旅 ~北方迂回ルートを通って | ホーム | 一-2 帯方郡から倭の北岸、狗邪韓国まで>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/02/06(土) 08:40:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishinsha.blog60.fc2.com/tb.php/10-44f4c36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

亥辰舎いしんしゃ

Author:亥辰舎いしんしゃ
戦乱の邪馬台国~失われた航跡

著者:野村篤
カバーイラスト:皇なつき
発行:亥辰舎
定価:1,500円

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。